法人会の経営者大型総合保障制度
HOME 企業保障の4つの窓 トピックス 契約者さまサービス

保険金受取の自在性

「年金支払特約付加」による保険金受取の自在性

年金支払特約を付加することで、経営者が万一の場合、保険金受取時のニーズや会社の業況に応じた受取方法を選択できます。

保険金受取
  • 法人が一時金で受け取る保険金は全額益金計上となり、法人税等の課税対象となります。
    (ただし、支給する退職金と相殺できる場合には課税されません。)
    ※保険料の資産計上部分の残額がある場合はその金額を除く。
  • 法人が受け取る年金は毎年受取の都度益金計上となるため、法人税等の負担を平準化できます。
    (保険金等の支払事由発生前に年金支払特約を付加し、年金支払期間等を指定した場合)
    ※国税庁見解(平成15年12月)による。
    ※保険料の資産計上部分の残額がある場合は、年金総額のうち支払を受ける年金額に対応する部分の金額を除く。

◎記載の図はイメージであり、実際の金額・期間とは異なります。

◎契約者が法人または個人事業主の場合、「年金支払期間」「年金基金に充当する割合」等は重大疾病保険金の支払事由発生前に指定いただく必要があります。

◎「分割受取」の年金年額が最低年金年額に満たないなど大同生命の取扱範囲外となる場合は、年金で受取ることはできません。

◎「分割受取」の年金年額は年金基金設定日時点の基礎率(予定利率など)により計算されますので、あらかじめ定まるものではありません。

◎「分割受取」を選択し年金の支払が開始された後でも、未支払の年金(分割で受け取っていない残りの金額)の現価を一括して受け取ることが可能です。(一括受取した場合の受取総額は、「一時金プラン」を選択した場合の金額を下回ることがあります。)

◎Jタイプの死亡給付金の支払事由に該当された場合、「一時金+分割受取プラン」を選択できません。

◎記載の税務取扱は平成23年9月現在の税制に基づくものです。今後、税務の取扱が変わる場合もあり、将来を保証するものではありません。

契約の流れ
資料請求はこちら

◎この資料は、平成23年9月現在の商品内容・税制に基づいて記載しており、将来変更となる場合があります。

◎ご検討、ご契約にあたっては「設計書(契約概要)」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」を必ずご覧ください。

資料請求はこちら
お伝えしたい3つの大切なこと

大型保障制度

リスクマネジメント

企業保障の4つの窓

経営者・役員さま
従業員さま

トピックス

大同生命から経営者さまへ

契約者さまサービス

Copyright (C) 2011 Copyright Daido Life Insurance Company All Rights Reserved.
H-29-1059(平成29年12月20日)